皆さん、こんにちは。

花香Cacoです。

今日は私の大好きな1曲でもある
Superflyさんの『愛に抱かれて』という曲を紹介します。


この曲に出会ったのは、高校3年生のころ、
故郷宮崎を離れる前に、家族でドライブしていたときのことです。

運転中の父が突然流した曲がこの曲。

この時私は、故郷を離れるという
少し寂しい気持ちでいながら
歌詞の中にも出てくる

『離れ離れの場所で時は過ぎて 寂しいけれど
私は今日もこの街で歌う
ずっと歌い続けていくよ
あなたもまた ゆっくりと 今日を生きて輝いてね
どんなときも 愛に抱かれて』

という部分にジーンときてしまい、
涙がこぼれるのをぐっと我慢していたのを覚えています。

あれから数年が経ち、
自分の中でもとても大切な1曲となっています。

カバーさせて頂きましたので是非聴いてみてください。





歌詞

作曲:多保孝一
作詞︰越智志帆


泣いていいよ 辛いときは
心の中 洗い流そう
いつもあなたの 味方でいる
忘れないでね

どんな場所も 笑顔で照らす
自分よりも 人を想い
時折見せる 空元気も
すべて 優しさで

少しずつ変わっていく景色に
心染まりそうになれば
いつも聞きたくなる あなたの声

いつまでも変わらないその笑顔が 輝くように
あなたの明日が晴れ渡るように
ずっと祈り続けてるよ
手探りでいい ゆっくりと 幸せへと歩いていける
どんなときも 愛に抱かれて

私よりも少し前を
歩いている あなたになど
気の利く言葉 浮かばないよ
ほんと、ごめんね

ひとつだけ 伝えてもいいかな?
少し照れるけど聞いてね
「生まれてきてくれて ありがとう」

いつまでも変わらないその笑顔が 輝くように
あなたの明日が晴れ渡るように
ずっと祈り続けてるよ
手探りでいい ゆっくりと 幸せへと歩いていける
どんなときも 愛に抱かれて

離れ離れの場所で時は過ぎて 寂しいけれど
私は今日もこの街で歌う
ずっと歌い続けていくよ
あなたもまた ゆっくりと 今日を生きて輝いてね
どんなときも 愛に抱かれて

どんなときも 愛に抱かれて


この曲は、Superflyこと越智志帆さんが
友人の結婚を祝って書かれた楽曲でもあります。
結婚式のウェディングソングにもぴったりですね!

感謝の気持ちの変わりに歌うのもいいですね!

是非この曲を知っていただければ嬉しいです。